MENU

【悪いことが続く】引き寄せの実践過程で起こる好転反応3選【次元上昇】

好転反応3選

毎日、潜在意識の書き換えに取り組んでいるのになぜか嫌な出来事ばかりが立て続けに起こったり、体調がすぐれなくて気持ちが落ちているそんな風に感じていませんか?

もしあなたが日頃から引き寄せを実践しているのに、いいことどころか最近悪いことばかり起こるんだけどどうしてなんだろう?やり方が間違っているのかな?と悩んでいるのであれば、ぜひこの記事を読んでください。

みのりの引き寄せ思考学
目次

引き寄せを実践しているのに悪いことが続く理由は好転反応

日頃から一生懸命引き寄せを実践し潜在意識の書き換えに取り組んでいるんのに、悪いことばかり起こって悩んでいても、不安になる必要はありません。

なぜならそれは『好転反応』と呼ばれるものだからです。

引き寄せやスピリチュアルにおける好転反応とは

『好転反応』という言葉自体は、引き寄せの場面だけではなく様々な場面で使われます。

その代表的なものに「リンパマッサージ」の例があります。
リンパマッサージを受けた際に、凝りをほぐしてもらって体が軽くなるはずなのに一時的に倦怠感や眠気を感じることがあります。

体にたまっていた老廃物がリンパマッサージによって排出されようとするときに体が追いつかなかったり、一気に血流が良くなることでだるさや眠気が生じてしまうのです。

このように状態が良くなる前に起こる悪い反応が、引き寄せの実践の中でも起こります。

描く未来を引き寄せているとわかる好転反応3つ

ここでは引き寄せを実践している人に起こる代表的な好転反応3つご紹介します。

原因不明の体調不良

まったく心当たりがないのに体調が優れないと感じたら、それは好転反応かもしれません。
例えば、特に寝不足というわけでもないのにあくびがとまらなくなったり、心当たりがないのにお腹を下したり吐き気に襲われることもあります。

また体の不調のせいで心のバランスも崩れてしまい情緒不安定になりがちです。

モノを失くす

普段から気を付けているはずなのに財布をなくしたり、ずっと大切にしていたものが壊れたりしたら、それも好転反応の1つだと考えられます。

これまでモノを失くしたり忘れたりするようなことがなかった人でも、急に自分がおかしくなっちゃったのかなと思うような忘れ物やなくしものをしたりすることがあるのです。

この時期に失うモノはあなたが大切にしていたり思い入れがあったりするものが多いのです。
人によってはもう立ち直れないよと思うほどのショックを受けてしまったりするのですが、このことにいつまでも引きずられる必要はありません。

その理由はのちほど説明します。

友人や恋人と上手くいかなくなる

代表的な好転反応3つ目は、「友人や恋人と上手くいかなくなる」です。

今まで仲良くしていた友人と急に疎遠になったり、長年付き合っていた恋人と別れることになったり、職場でトラブルが起きて転職することになったり、人間関係が上手くいかなくなるということが起きます。

好転反応で悪いことが起きる理由

そもそもなぜ、引き寄せで日々ポジティブなエネルギーを持ち魂を磨いているにも関わらず、悪いことが起きてしまうのか説明します。

次元上昇(アセンション)に使う体力を温存するため

私たちが日々引き寄せを実践していると、魂が磨かれて次のステージに自然と引っ張られることになります。

しかし、次のステージに行くためには膨大なエネルギーを使うことになるので潜在意識からのメッセージを受け取り体調不良という形で半強制的に「休む」という状況を作ることになっている場合があります。

人とモノの『断捨離』がおこなわれるため

次元が上昇する際には、次のステージに必要がないものは、引き寄せが上手くいっている人ほど自然に離れていく傾向にあります。

好転反応で悪いことが続いた場合の対処法

では好転反応で悪いことが続くと、心も体も辛い状況に陥ってしまいます。
ここではそういった場合にどのようにそのことと向き合えばいいのかわからなくなるのではないでしょうか。

特にネガティブな状況が続くと、最悪の場合マイナスのエネルギーが滞ってしまって次のステージに上がれないままになってしまうことさえあります。

そんなとき実践してほしいのが、【引き寄せ思考学】です。引き寄せ思考学では、【自分軸】の思考法をベースとした引き寄せの実践をエクササイズのように取り入れていきます。

外側の自分ではなく内側の自分に耳を傾けましょう。

好転反応によって様々なトラブルやネガティブな出来事に見舞われてしまうと、気持ちが外側の自分に引っ張られがちになります。

まず自分軸の思考の基本は【自分の意識を中心におくこと】にあります。

深呼吸をして下記のエクササイズを試してみましょう。

STEP
自分を俯瞰するように頭の中のイメージの真ん中に置いてみてください。
STEP
目を閉じて自分の未来を瞼の裏に描きます。
STEP
描く未来を他者に影響されるものにしないこと

例1:【私が描く未来は彼と復縁して幸せな結婚をする】⇒【私が描く未来は自分が笑顔になりパートナーも笑顔にする】

例2:【私が描く未来は会社に評価されて出世していいポジションにつく】⇒【私が描く未来は今やっていることを継続して頑張り、必ず望むポジションにつく】

絶対的な正解はないので、細かいことを気にする必要はないのですが、自分ではなく他者の気持ちを動かすような願望ではなく自分の未来を自分の力で動かす願望を創造することがとても大切です。

最初は難しく感じるかもしれませんが、この自分軸思考のエクササイズを続けていくと、自然に自分本位の願望を創造する癖がついてきます。

悪いことが続くのは願望実現のサインです

日々、引き寄せを実践しているのに上手くいかないと感じていたらそれは願いが叶う前の好転反応かもしれません。
しかし好転反応は辛いものが多く、乗り越えることができない人もいます。

それでは非常にもったいない!

好転反応かなと思うメッセージに気づいたら、今こそが飛躍するチャンスです。アセンションの機会を逃さないよう自分軸の思考法でこのまま一気に望む未来を引き寄せてしまいましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次